北千住駅前眼科

目の病気について

網膜裂孔・網膜剥離

網膜裂孔・網膜剥離とは

眼底には神経でできた膜があり、網膜と言います。

この網膜の一部に穴や裂け目ができることがあり、網膜裂孔と言います。網膜裂孔の一部は、網膜剥離に進行します。網膜剥離は、眼球の奥にある膜状の神経(網膜)が剥がれる病気です。網膜剥離は失明につながる重篤な病気ですが、早期に治療することで、深刻な視力障害を予防できる可能性も高くなります。

網膜裂孔

北千住駅前眼科 網膜裂孔

網膜が引っ張られて

裂け目(網膜裂孔)ができる。

網膜剥離

北千住駅前眼科 網膜剥離

裂け目から水(液化した硝子体)

が入り込み、網膜がはがれてしまう。

このような症状は、眼科を受診しましょう

症状だけで網膜裂孔・網膜剥離を診断することはできませんが、網膜剥離が起きていた場合、早期治療が視力を守るために大切ですので、以下のような症状があれば早めに眼科を受診しましょう。

飛蚊症

黒い点やごみのようなものが見える。

 

光視症

視界に光が見えたり、チカチカしたりする。

 

視野欠損

視野の一部がみえない、欠けている。

視力低下

見たいものがはっきりみえない。

 

眼を強く打撲

ボールなどが目に当たるなど、強い力が目に加わった。

網膜剥離を予防するレーザー治療

網膜裂孔の一部は網膜剥離に進行します。

眼底を詳しく検査し、網膜剥離に進む可能性が高いと考えられる場合には、その進行を食い止めるレーザー治療を行います。

網膜剥離への進行予防を目的とした治療ですので、治療後も経過観察は大切です。

網膜剥離の手術治療「硝子体手術」

網膜剥離が進行した場合は硝子体手術が必要になります。

もし網膜剥離が黄斑部まで至った場合は、手術して元の位置に網膜を戻しても、もとの視力まで戻らないことも少なくありません。

網膜剥離を発症した場合は、できるだけ早期に治療を行う必要があります。

当院では、グループ医院の越谷駅前眼科にて、硝子体手術を日帰りにて行っています。

北千住駅前眼科 手術室

グループ医院 越谷駅前眼科 手術室