北千住駅前眼科

目の病気について

白内障

白内障とは

正常な水晶体は透明で光をよく通します。しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあり、これが「白内障」です。水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

水晶体の濁りを改善する薬はないため、治療は手術によって行われます。

北千住駅前眼科 白内障

白内障の症状

目の中の水晶体が濁ることにより、視力が低下します。

水晶体の濁り方はひとりひとり違うため、自覚症状はさまざまです。

白内障は少しずつ進んでいくことが多いため、意外と症状に気がつかないことがあります。

少し見えにくくなったなと思ったら、眼科で一度検査を受けてみることをお勧めします。

見えにくい(視力の低下)

景色やモノがかすんで見える、白く霧がかかったように見える

まぶしく感じる

明るいところで見えにくい

一時的に近くが見えやすくなる、メガネが合わなくなる

景色やモノが二重、三重に見える

など

白内障手術を受けるタイミング

基本的には「見えづらさで、困ることが出てきた時」が手術を受けるタイミングです。

​緑内障や他の病気があっても、白内障手術は可能です。

水晶体の濁り方、進行具合によっては、自覚症状をそれほと感じていなくても早急に手術をおすすめする場合もあります。​

手術の時期は眼科医とよく相談しましょう。

白内障手術について

白内障は濁ってしまった水晶体を取り出し、ご自分のライフスタイルに合った度数の眼内レンズを入れることで良好な視力を得ることができます。

グループ医院の越谷駅前眼科にて、白内障の日帰り手術を行っています。

1.切開

北千住駅前眼科 白内障手術1

2.濁った水晶体を取り除く

北千住駅前眼科 白内障手術2

3.眼内レンズを挿入

北千住駅前眼科 白内障手術3

4.眼内レンズを固定

北千住駅前眼科 白内障手術4

後発白内障について

白内障手術を受けてからしばらくすると、白内障と同様の症状が再び現れることがあります。これは後発白内障と呼ばれるもので、特に手術を受けてから2~3年後に多くみられます。

このような場合、白内障手術の再手術の必要はなく、外来にて濁ってしまった水晶体嚢(水晶体が入っていた袋)をレーザーで取り除くことで視力が回復します。

白内障手術後、見えにくさを感じた場合もお気軽にご相談ください。

北千住駅前眼科 診察風景