北千住駅前眼科

グループとの連携

レーザー治療

当院で実施しているレーザー治療

眼科領域では、適切な時期にレーザー治療を受けたかどうかが、その後の病状や見え方を左右することも少なくありません。大切な眼を守る上でレーザー治療はとても有効な治療法の一つです。

当院では2種類のレーザー装置を備え、レーザー治療を実施しています。

治療は外来で行うことができ、患者様の身体的・時間的負担も少なくすみます。

光凝固image_50411777.jpg

網膜光凝固装置

網膜裂孔や糖尿病網膜症をより短時間で少ない痛みで治療できます。

YAG後発白内障レーザー_image_50364673.jpg

YAGレーザー

白内障手術後の後発白内障治療、緑内障の眼圧下降の治療を行うレーザーです。

網膜光凝固術

 

主に対象となる疾患

  • 糖尿病網膜症

  • 網膜中心静脈閉塞症

  • 網膜裂孔

  • 網膜細動脈瘤

  • 中心性漿液性脈絡網膜症

網膜光凝固術について

網膜にレーザーを照射し、熱で病的な部分を凝固させることにより病気の進行を抑えます。

網膜光凝固術は病気の悪化を防ぐ目的でおこなわれるもので、元の状態に戻すものではありませんが、眼底の病気には欠かすことのできない重要な治療法です。

北千住駅前眼科 網膜光凝固術

後発白内障のレーザー治療

白内障手術を受けてからしばらくすると、白内障と同様の症状が再び現れることがあります。

これは後発白内障と呼ばれるもので、特に手術を受けてから2~3年後に多くみられます。

このような場合、白内障手術の再手術の必要はなく、外来にて濁ってしまった水晶体嚢(水晶体が入っていた袋)をレーザーで取り除くことで視力が回復します。眼内レンズを傷めることなく後嚢の混濁を除去することができます。

 

レーザー虹彩切開術(LI)

緑内障の病態の一つに急激に眼圧が上がってしまう急性緑内障発作という状態があります。急性緑内障発作が起きると、激烈な痛み、嘔気嘔吐、頭痛、かすみ目などの症状がでます。放置すると失明に至る可能性もあり、眼科領域の中では緊急性の高い疾患です。

レーザー虹彩切開術は、急性緑内障発作を起こした場合や、発作を起こす可能性の高い眼の場合に行う治療法です。

虹彩の周辺にレーザーを照射して小さな穴を開け、房水が流れるルートをつくり、眼圧の急激な上昇を防ぎます。